フィンペシア 副作用

MENU

フィンペシアの副作用、ホントに知っていますか?

副作用が懸念されるフィンペシア

フィンペシアは男性型脱毛症に効果の認められているフィナステリドを含有する医薬品の一つです。(販売元はインドのCipla社というジェネリック医薬品が主の会社)

 

日本では未認可の薬なのですが、他のフィナステリド含有医薬品より値段が安いため、日本では個人輸入により入手している人が多くいます。(ちなみに、日本で男性型脱毛症用として認可されているのはプロペシアだけです。)

 

しかし、未認可の薬を使用して本当に大丈夫なのでしょうか?

 

やはり一番気になるのが副作用の点ですよね。
フィンペシアは未認可薬であるため、日本で正しい副作用の情報を得ることは困難です。
そのため副作用情報はネットに頼ることになるのですが、その内容には偏りがあったり、一部の軽い副作用しか紹介されていなかったりして、重大な副作用の面は忘れられがちです。

 

このサイトでは、科学的にも信頼できる情報源からの情報を元に、フィンペシアの副作用について理解を深めるお手伝いをさせていただきます。

フィンペシアの重大な副作用について

どんな医薬品にもあることですが、フィンペシアにも重い副作用はあります
可能性は低いとしてもゼロではないので、予めしっかり知っておく方が良いでしょう。

 

フィンペシアの信頼できる副作用情報を知るときに役立つのが、同じフィナステリド含有医薬品であるプロペシアです。フィンペシアと違い、プロペシアは日本で認可されている医薬品なので、薬事法や厚生労働省による科学的なしっかりとした情報があります。

 

その情報を調べていくと、フィンペシアを含むフィナステリド含有医薬品にはいくつかの重大な副作用があることが分かります。

 

男の胎児の生殖器に異常を起こす恐れ

この副作用に関しては、厚生労働省が注意喚起を出しています。
>>>プロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起について

 

フィンペシアの女性に対する副作用

読むと分かりますが、フィンペシアを含むフィナステリド含有医薬品には、妊娠中の女性のお腹の中にいる男の胎児の生殖器に異常を起こすおそれがあります。

 

妊娠中か、その可能性のある女性は、絶対にプロペシアを使用してはいけませんし、成分に触れることも避けることとなっています。(成分に触れたら医師に相談が必要)

 

錠剤はコーティングされているので通常は問題ありませんが、ポケットやカバンの中に入れていて潰してしまったとか、落として踏んでしまったとかは意外とあることです。そうなると妊娠している女性が近くにいる場合は一大事です。

 

だから、

  • 結婚している人
  • 付き合っている女性がいる人
  • 職場や親族など、周りに妊娠の可能性のある人がいる人

といったことに該当する人は十分に注意する必要があります。

 

妊娠初期は女性自身も妊娠していることに気づかないことも多いので、後から気づいたら遅かった・・・なんてことにならないよう十分注意しましょう。

 

また微量ですが、精液中にもフィナステリドは移行することが分かっています。

 

フィンペシアの副作用は、あなただけの問題では無いのです。

乳がんのリスク

「男で乳がん!?」と驚くかもしれませんが、フィンペシアと同じフィナステリド製剤のプロペシアの添付文書(薬事法で定められている情報文書)では海外の使用例で報告があります。

 

>>>プロペシアの添付文書(PDF)はこちら

 

因果関係は不明とはなっていますが報告があるのは事実なので、自分の胸に違和感を感じたときにすぐ気づけるように留意しておくのが良いでしょう。

 

肝機能障害

フィンペシアの副作用である肝機能障害

こちらもプロペシアの添付文書内に書かれています。

 

きちんと医療期間で見てもらっていたり、定期的に健康診断を受けている人は早めに気づくこともできますが、個人輸入の場合などは気づくのが遅れて手遅れになってしまう可能性もあるあるので注意しましょう。


献血の際のリスク

フィンペシアの副作用リスクの献血

フィンペシアと同じフィナステリド含有医薬品については、服用中は献血をしてはいけません

 

>>>献血についての資料(厚生労働省より。PDFファイル。)

 

こちらの資料に書いてあるように、フィナステリド含有医薬品は服用後1ヶ月は献血してはいけないことになっています。
他の人に無用な健康被害を出さないために、献血に行く習慣のある人は十分注意しましょう。

フィンペシアで起こる可能性のあるその他副作用

こちらはフィンペシアなどのフィナステリド含有医薬品で起こる可能性があることが分かっているその他の副作用をを参考にご紹介しておきます(参考:プロペシア添付文書)。

 

種類 / 頻度 頻度不明 1〜5%未満 1%未満
過敏症 そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫    
生殖器 睾丸痛、男性不妊症・粘液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態以上等) リビドー(性欲)減退 勃起機能不全、射精障害、精液量減少
肝臓 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇    
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい    

 

性欲の減退や勃起機能不全も男性としては困りますが、男性不妊症の方が生活により深刻な影響が出るのではないかと思います。
パートナーがいる人、家族計画がある人はいずれも要注意ですね。

未認可であるというリスク

フィンペシアの副作用について真剣に考える!

もう一つ、フィンペシアについてしっかりと意識しておいた方が良いと思うのが、やはりフィンペシアは日本では未認可だというところでしょう。

 

プロペシアのような認可されている医薬品の場合、厚生労働省監督の下、日本国内で正規の手順を経た検査が行われています。それは薬に対してのチェックだけでなく、実際に健康な人や患者の人が使い、効果や安全性(副作用)のチェックがきちんと行われ、使っても問題ないと確認されているということです。

 

未認可のフィンペシアの場合、この安全性確認の手続きは一切行っていないことになります。

 

同じフィナステリド含有医薬品と言えど、プロペシアとフィンペシアは作っている会社が違うので、服用した結果が同じになるとは限りません。その質、添加物、品質のバラツキといった部分で予期せぬ副作用が出てくることも否めないのです。

 

未認可薬であるフィンペシアはそのような大きなリスクを抱えているということはしっかりと自覚をしておいた方が良いでしょう。

他に代替案はないのか?

ここまで見てくると、副作用の面、未認可薬であるという面から、フィンペシアの使用はリスクが高いことが分かります。
そのような大きなリスクを犯す前に、他にできることは無いのでしょうか?

 

ここからは、フィンペシアを使用するより前に検討する価値があると思われる代替案について考えていきましょう。

 

育毛剤の使用

フィンペシアのような体内に直接薬が入る内服薬は、効果を出しやすい反面、副作用のリスクも高くなります。
その点、皮膚の上から浸透させる育毛剤は、内服薬よりも副作用の心配が少ない方法と言えるでしょう。

 

最近では、効果の高い成分が多数配合されていて、100%無添加・無香料で副作用の心配が少ない育毛剤も出てきています。

 

第一選択としては、まず育毛剤を試してみる価値はあると思います。

 

↓専門家が品質を保証している人気の育毛剤はこちら
副作用訴求

 

専門のクリニックに行く

それでも薬を使いたいという人は、やはりきちんと専門のクリニックに行く方が安全ではないでしょうか?

 

専門知識のある医師であれば、適切な育毛治療はもちろん、医薬品の副作用にも適切に対処してもらうことが可能です。

 

安心、安全な育毛のためには専門クリニックに行きましょう。

 

↓銀座にある専門医によるAGA治療が評判のクリニックです
AGA

 

↓大手のクリニックがプロデュースで最新の設備がそろっています
ルネッサンス_イケメン系